コンテンツへスキップ

住宅ローンとは

住宅を購入する場合、現金購入とローンとに支払いがわかれます。ローンを利用する場合、借入先の金利で、利息の総支払額が大きく変わってしまうので気を付けなければなりません。

 

まず1番大事なことは、できるだけ少ない金額を借りるという事です。住宅購入金額をそのまま借りるのではなく、できるだけ頭金となる現金を準備しておくという事です。

 

借入額が少なければ当然利息の額も少なくなります。次に短い期間で組むことも重要です。同じ金額でも長い期間借り入れしているとその分の利息を払うことになるからです。

 

では固定金利と変動金利どちらを選択するとよいか、変動金利は、固定金利より金利が低いために、今のように低金利の時は少ない利息を払い借りることができます。

 

ただ、金利の変動に注意していないと、知らないうちに金利が上がっていたとなると、大変なことになります。その辺の管理が困難という人は、低金利のうちに固定にしておくと、固定した期間は金利が上がらないので、安心と言えば安心です。

 

その辺は、借りる人の性格的な部分も関係してくるので、慎重に選択しましょう。そして最後に、現金が準備できたら繰り上げ返済していくことがメリットとなります。