コンテンツへスキップ

イベントを企画する際の注意点

|宇都宮市で住宅土地探し|銀座のメンズエステで人気|栃木の薄毛治療の病院|

 

イベントを企画する際は、以下の点に注意する必要があります。

一つ目は、「目的を明確にしておく」。

イベントには、「商品のプロモーション」「地域の活性化」などいろいろあります、なぜイベントを企画するのかということは、最初にはっきりさせておきましょう。

目的によっては、必ずしもイベントを行わなくてもよい場合もあります。

また、成功したといえる条件もはっきりさせておきましょう。

これは、「○○人以上の人が来てくれた」「○○円以上の利益が出た」など、数値目標を設定しておくべきです。

ここがはっきりしていないと、途中で方針がぶれてしまい、結局何がしたかったのだろうということになりがちです。

二つ目は、「ターゲットを明確にしておく」。

目的によって、客層も変わってきます。

「男性向けか女性向けか」「若者向けか高齢者向けか」などという区切り方が考えられますが、コツはなるべく細かくすることです。

そうすることで、イベントの精度が向上しますし、告知用のツールも選びやすくなります。

例えば極端な例ですが、高齢者をターゲットにしたイベントの告知を、Instagramで行ってもほとんど反応はないでしょう。

ターゲットを明確にしておけば、イベント開催に関する作業を効率よく進めることができます。

三つ目は、「内容を検討する」。

目的とターゲットが明確になったら、いよいよ内容を検討して行きます。

その際は「ブレスト方式」で行うのがよいでしょう。

とりあえず思い付いたアイデアを出して行き、その中から使えそうな物を拾い出し、具体的な形にして行きましょう。

コツは、「盛り込みすぎない」ということです。

よさそうなアイデアがたくさん出てきたとしても、すべてを入れようとすると、何のイベントなのか分からないということになりがちだからです。

そうなると、告知もしにくいですし、チケットも売れにくくなってしまいます。

イベントの内容を一言で表現できれば、それが理想といえます。

PR
工務店向け集客ノウハウ|JALカード|マッサージのリアル口コミ.com|住宅リフォーム総合情報|健康マニアによる無病ライフ|内職 アルバイト|女性向けエステ.com|生命保険の口コミ.COM|英語上達の秘訣|生命保険の選び方|クレジットカードの即日発行じゃけん|