コンテンツへスキップ

住宅ローンの未払い利息について

住宅ローンを利用している人の中には、延滞してしまう人も少なくありません。延滞の原因にはいろいろありますが、その中でも金利上昇によるリスクによる人が多いです。

 

変動金利型の住宅ローンを利用している場合、時の経過によって金利が変動していきます。金利が上昇すると発生する利息も多くなり、返済額も多くなります。それによって返済が苦しくなって、最後延滞してしまうのです。

 

そして変動金利型の住宅ローンを利用している場合、金利の上昇が大きい場合、発生する利息が月々の返済額よりも多くなってしまう場合があります。

 

これにより返済しきれない利息部分が発生してしまうのです。この支払いきれない利息部分のことを未払い利息と言います。未払い利息がどんどんたまってしまうと借金額が膨れ上がってしまい支払いきれない状況になってしまいます。

 

今後、景気が上向いて金利が上昇する可能性が十分あります。そのような状況になると変動金利型の住宅ローンを利用している場合、未払い利息が発生してしまう可能性があるので注意しましょう。